FC2ブログ

Articles

ねこ ♪×10

前回の続き「ねこちゃんの身体的特徴」です

<喉鳴らし>

ねこちゃんを含むネコ科動物は喉をゴロゴロと鳴らすことで知られています(ライオンやトラもです) 。一般的には飼い主や懐いた人に愛撫されるなどリラックスしている時にこの反応が見られますが、体調が悪い時や出産時(陣痛中)、死ぬ直前にも喉を鳴らす と言われます
これらの行動の意味は未だにはっきり解明されていませんが、普段から低周波の音を発生させることで骨格を丈夫にする、苦しいときに痛みを緩和し呼吸を楽にしている、などの説が存在します

ねこ正面


<知能>

大脳が発達しており知能が高い。俗に「ねこちゃんは頭が悪い、わんちゃんは賢い」とよく言われますが、これは知能というよりも人間の都合からみた従順さで、生きていくための判断力や思考力はと変わらないとされています

ねこ横顔

次回もお楽しみに・・・。

byクワバラケロ2




スポンサーサイト

(^・ω・^).....ン?

こんにちは雨降りの日が続いて憂鬱でしたが、今週末はみたいなのでお花見日和となりそうです

最近のメイちゃんの様子です

何か気になる様子でしばらくこのままの状態で固まっていました

メイちゃん

「なんだか気になるのよね~

「だから何なの

と、メチャメチャ気になりつつのfoxでした。

まだまだ朝晩は冷え込みますので、皆様お体を十分ご自愛下さい

お知らせ

 4/4(日)の当園は春季大法要です。

 4回のご供養、イベント、露店等、ございますのでお時間ございましたらお花見がてらお越し下さい

ねこ♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ねこちゃんの「身体的特徴について」続きです

<指>
ねこちゃんの指の数は、通常前肢が5本、後肢が4本ですが、多指症という奇形が頻繁に見られ、後肢に5本、あるいは前肢に6本というようなねこちゃんも少なくないんです
前肢、後肢に各7本、合計28本の指を持つねこちゃんがギネスブックに記載されています

ねこ手1


ねこ手


<泣き声>
日本ではねこちゃんの鳴き声は「ニャー」、「ミャー」などの擬音語を用いるのが一般的です。アメリカでは「meow」 、イギリスでは「miaow」、ドイツでは「miau」 、フランスでは「miaou」 、中国では「miāo」と表します。

「ニャー」とは異なるものとしては、以下のようなものがあります。

警戒時の唸り声。「フーッ」「ハーッ」「シャーッ」など。

発情期における、赤ちゃんのような独特の声。「オアーン」「オギャー」「アーウ」など。

鳥が目の前に来たとき、CDや鏡等の反射光に反応したとき、思うように獲物を捕れないなどストレスを感じたときに発する、「クラッキング」と呼ばれる声。
まだ十分に解明されていない。「クケケケケ」「カカカカカ」など

カモメの鳴き声はしばしばねこちゃんのそれに例えられ、英語では「mew」というねこちゃんの鳴き声を表す単語は「カモメ」という意味も持ちます。日本語でもカモメの一種にウミネコ(海猫)と名付けられた鳥がいます。

次回もお楽しみに・・・。

byクワバラケロ2


春の芽生え

春の芽生え

「春」 暖かくなると黄色の花から咲き始めます
サンシュウ、マンサク、レンギョ、水仙、そして こぶし、もくれん、梅、桜へと

!!黄色といえば!!

黄色のサングラス(▼_▼¬ゝありますね
私ずーーーーと不思議でした
       黄色だと色が変わって見えるのに........
ファッションの一部でコーデネイトされているのかと思ったりしていましたが

”眼の保護のためなのですね”

外国では「子供達にサングラス(▼_▼¬をかけ登校を指導しています」と聞きました
眼はいつも紫外線に触れ 保護するものがありません
そして 特に青い色が 眼に良くないそうです

あの方は 眼の手術をされてから 黄色のサングラス(▼_▼¬ゝをかけお仕事をされています 
きっと 眼の保護 眼を守るために黄色のサングラスをかけていらしゃるのでしょう...

博香斉 充甫

ねこ♪♪♪♪♪♪♪♪

ねこちゃんの「身体的特徴について」の続きです

<尾>
尾はおおむねその胴体ほどの長さですが、ジャパニーズボブテイルクリルアイランドボブテイルのように極端に短いものや、マンクスのように尾が無い個体もあります。尾の役割は、感情を表すほか、走行時や跳躍・着地の際に体のバランスを取る役割があります。イエネコについては尾が無くても行動にほとんど支障は無いと考えられています。

従来の日本産のねこちゃんは、世界に現存するほとんどのねこちゃんに比べ、ジャパニーズボブテイルのように尾は半分以下も無いことが普通だったんですが、戦後(太平洋戦争終了後)以来日本在来のねこちゃんに海外のねこちゃんの血統が混入し続けた結果、一部地域を除くほとんどの場所で尾の長い個体が大半を占めるようになりました。

長崎県を中心とした九州地方全域において、その尾が極端に曲がった個体の存在が報告されています。尾骨が極端に湾曲した個体は東南アジアの個体に顕著にみられる特徴で、長崎県を中心とした尾曲がりねこちゃんは明治以前の出島交易時に東南アジアの個体が長崎に持ち込まれ混血した結果であると見られています。

脊髄と直結しているため、非常に痛覚が強くて、切断されると四肢を切断されるよりも痛がるほどです。よって、尾を持って引っ張ったりすると温厚な個体でも抵抗します。またねこちゃんの尻尾を強引に引っ張ると内臓に障害をおこしたり脊髄に損傷をおこし下肢(後ろ足等)に障害が発生することもあります。

ねこシッポ


尾による感情の表現
尾によって表す感情は以下のようなものです。


☆立てている
比較的機嫌の良いとき。歩くときは立てていることが多い。個体によっては立てながらくねくねと動かしている場合もあります。

☆横に振っている
不快なとき。イヌから類推して「喜んでいる」とするのは誤解です。飼い主に呼ばれると数回振って応えることもあります。また、狩りや遊びなどで興奮しているときも横に振ることがあります。

☆後肢の間に巻き込んでいる
おびえているとき。通常、耳を後ろに伏せていることを伴います。

☆大きく膨らませている
威嚇しているとき、または、驚いたとき。威嚇しているときは全身の毛を逆立てることを伴います。

☆他のねこちゃんや、人間に巻きつける
相手に親愛の情を持っている。

のらねこ

次回もお楽しみに・・・。

byクワバラケロ2



ねこ♪♪♪♪♪♪♪

ねこちゃんの「身体的特徴について」前回の続きです

<ひげ>
ねこちゃんのひげは毛根部分に感覚神経や血管が密に分布していて、非常に鋭敏で、先端に何かが少し触れても感じ取る事が出来ます。口の周りだけでなく、眼の上、顔の横にもあって、それらの先端を結ぶと顔を一周する大きな円になり、これで狭い通路を通り抜け得るか否かを判断できるので、獲物の追跡、敵からの逃走に重要な役割を果たします(ただし、一部に否定説もあります)。顔以外では、前肢の関節付近の裏側にも生えていて、前肢のひげは、足元を見ずに障害物を越えるために役立っている、と考えられています。長さは若いほど長く、歳をとったものほど短い。ひげは生え変わりますが、無理矢理抜くと酷い場合はストレスで死んでしまうこともあるんですよ。


ねこひげ


<襟首>
襟首(えりくび)と呼ばれる頸(首)の後ろの皮膜は痛点が鈍化していて、親猫が子猫を運ぶときここをくわえます。この特徴は成猫になっても残るため、成猫でもヒトがここをつかんで持ち上げることができます。持ち上げなくとも襟頸を掴むだけでおとなしくなる傾向があるため、気性の荒い猫や野良猫を扱う際に有効です。
母猫が子猫の襟首をくわえて持ち運ぶことがありますが、これはくわえても子猫に悪影響のない場所を母猫は本能的に知っているからできることなので、人間はその場所を知らないため、むやみに襟首を掴んで持ち上げると猫の頸を絞めてしまうことになりかねません。また、筋肉に悪い影響を与えるという説もあるので、襟首だけ掴んで成猫を持ち上げることは避けるほうがよいでしょう。


ねこ襟首

次回もお楽しみに・・・。

byクワバラケロ2

学究

学究

≪学究≫この言葉は 4回生のとき学友が履歴書のコメントに書いていました
彼女はクラスでトップの友人でした
意味を調べて私も就職の履歴書に使ったことを覚えています

常に探究心を持ち向上に心がける
頭の片隅で次のことを考える余裕を持つ

家庭・会社・人生にとって何かにトライすることはとても大切だと思います
今では 脳トレゲームや体のバランズ運動などで 体の活性化がはやっていますね
私にとっては 五線譜とトリムです

人間どんなに長生きしても120歳と聞きました
長そうですけど 短い人生 
いろんなことに出会い・チャレンジして 笑顔のある楽しい人生にしたいものです

博香斎 充甫

ねこ♪♪♪♪♪♪

ねこちゃんの「身体的特徴について」前回の続きです。
<舌>
舌は薄く締まっていて、表の面には多数の鉤状突起があってザラザラしていますが、これは骨に付いた肉をしゃぶりとるのに適応したものです
この突起は毛繕いや水を飲む際に役立ちます。この特質と形状を模してパソコンのポインティング・スティックにはねこちゃんの舌状のものが製品化されています

熱い食べ物が苦手な人を「猫舌」と俗称しますが、ねこちゃんのみが特に熱いものを嫌うというわけではありません。野生動物は全般的に加熱調理した食物を食べることがほとんど無いので、熱いものに慣れていないためです。山火事などの後に屍肉を漁るくらいしか、熱を持った食物を口にする機会はありません。

ねこ舌


家の中や自分の縄張りなどでリラックスしているねこちゃんは、しばしば舌をしまい忘れることがあります。舌を指で触れるとねこちゃんはしまい忘れていることに気づきますが、たいていの場合はからからに乾いているので、思うようにしまうことができません。そのような場合には水を与えてやるとよいでしょう。

ネコ科の動物に共通する特徴ですが、味蕾が他の哺乳類とは異なっていて、
甘味を認識することができませんその一方でアミノ酸に対する反応は強く、特に苦味を認識する味蕾は多くあります。これはアミノ酸が腐敗したときの苦味を強く感じることによって、腐肉を食べることを避ける役割を担っていると考えられています。ねこちゃんの食物に対する嗜好は、これらの味蕾の構成の違いが要因の一つと考えられています。

次回に続く・・・

byクワバラケロ2

♪きりっ♪

ある日の午後メーテルちゃんのキリッとしたお顔が撮れましたので、

見てやって下さい




「こんなお顔も出来ますのよおほほ

とーてっもカワユイお茶目なメイちゃんでした

by fox

ねこ♪♪♪♪♪

「ねこちゃんの身体的特徴」について

<鼻の使い方>
ねこちゃんは嗅覚を狩りに利用することはほとんどありません
ねこちゃんは、嗅覚を「これは食べられるものかどうか」ということと、縄張りの確認に主に使うと言われています。
頬腺などから出る分泌物や尿などによって自分の臭いを付け、そこを縄張りとしています。
例えば、ねこちゃんが飼い主の足に顔をすり寄せるのは、頬腺などから出る分泌物を付け、「自分の物」というマーキングをしているんです

ねこ横顔


<フレーメン反応>
フェロモンを感じる器官が口内の上顎にあって、ヤコブソン器官(鋤鼻〈じょび〉器官)と言います。フェロモンを感じると口を半開きにし、目を半分閉じて笑っているような表情をします。これをフレーメン反応といい、フェロモンを分析している行動です。これにより、主に相手のねこちゃんがどういう状態にあるかを分析しています。
マタタビの果実やイヌハッカの匂いを嗅ぐと、ねこちゃんは恍惚として身悶えるような反応を示します。これは匂いに含まれるマタタビラクトンやネペタラクトンなどの物質にヤコブソン器官が反応して、ねこちゃんに陶酔感をもたらすためと言われています。これは、ネコ科全般の動物に起こる反応です。

ねこ11


<耳>
ねこちゃんの五感で最も優れているのは聴覚です。可聴周波数は60Hz - 65kHzとされていて(10MHzという説もある)、イヌの40Hz - 47kHz、ヒトの20Hz - 20kHz に比べて高音域に強い。これはネズミなどが発する高音に反応するよう適応したためと言われています。耳は片方ずつ別々に動かすことができて、異なる方向の音を聞き分けることができます。そのため、指向性が強く、音源の場所をかなり正確に特定することができるんですよ。音の聞き分けの能力も高く、例えば飼い主が帰ってきた足音を判別することは簡単にできます。これらの能力は、夜間に待ち伏せ型の狩りをするのに適応し発達したものと言われています。

次回の続きをお楽しみに・・・。

byクワバラケロ2


Navigations, etc.

Navigations

最新記事

QRコード

QR

管理者ページ


FC2Ad