FC2ブログ

Articles

彼岸花

彼岸花

秋のお彼岸が 26日で終わりました
多くの方々に お参りに来園していただき 感謝です
そして お経供養のお申込も多く
亡き仔たちへの檀家様の思いを深く感じます
共同墓地横では 彼岸花が咲き
お参りの方々を 迎えてくれているかのようです
『暑さ寒さも彼岸まで』とよく聞きます
あんなに暑かった夏も終わり 秋へと季節は移りつつあります
秋には 山の紅葉が美しい霊園です
皆様のお参りをお待ちしております

230926彼岸

 

スポンサーサイト

ビジョンフリーゼ

                      今回は『ビジョンフリーゼ』です

フランス語の「愛くるしい・巻き毛」を意味するビション・フリーゼは純白のカールしたむく毛に包まれた陽気な小型犬です
ビション・フリーゼはもとはアフリカ北西沖カナリア諸島テネリフェ島の古い土着犬であったと言われています
この犬種がウォーター・スパニエルの系統を引き、プードルと近縁であると思われます
14世紀にイタリア人がカナリア諸島で発見し、ヨーロッパに持ち出したのがきっかけでこの犬種が知られるようになりました

                                                                   ビジョン1




ビション・フリーゼは16世紀の中頃フランスで一躍人気犬種となり、小型化が進むとともに貴族、貴婦人たちが競って飼育しました
ビション・フリーゼはリボンを付けられ、当時流行の香水を含む水でシャンプーされていたらしいんですよ
1933年フランスで正式にビション・フリーゼと命名され、1934年フランスのケネル・クラブが公認しました


第一次大戦後の混乱期には、純粋犬種の血統があいまいになり、ビション・フリーゼは絶滅寸前と言われましたが、フランスのブリーダー有志によって正統な血統の復元が行われ、現在ではヨーロッパを中心に安定した人気を保っています
かつてビション・フリーゼはヨーロッパの宮廷でライオン・スタイルに刈られるのが普通でした
現在のビション・フリーゼのトリミング・スタイルは近年になってアメリカ人のトリマーが考案したもので「パウダー・パフ」と呼ばれています
この独特のカットの功績によってビション・フリーゼが注目されるようになり、世界的に認知されるようになりました

ビジョン



ビション・フリーゼが日本に紹介されたのはさらに近年になってからで、 この時期は日本ではマルチーズの全盛時代で、「パウダー・パフ」に注目が集まったものの、マルチーズと同タイプであるビション・フリーゼが特別に普及する事はありませんでした


迷子の子猫ちゃんその②

皆様お久しぶりでございます

まだまだ残暑が厳しいですね

さて今回は前回紹介した子猫ちゃんの兄弟でトラ柄の男の子

あっという間に里親様が決まったので紹介出来ませんでしたが、とても可愛いのでご覧下さい

ね、可愛いでしょう


このトラちゃんは凄く不思議な縁で里親様が決まりました(^^)

foxがとある場所に連れて行って偶然にもご縁があった次第でございます

本当に導かれたかの様な感覚で出会いとは不思議だなと思いました

前回も申しましたが、里親の皆様本当に感謝しております

尊い命を繋いで頂きありがとうございました

季節の変わり目で体調を崩しがちですがお体お気をつけ下さい

fox

Navigations, etc.

Navigations

最新記事

QRコード

QR

管理者ページ


FC2Ad