FC2ブログ

Articles

有名犬物語 vol.1

こんにちわニコニコ。 横向き

今日は歴史的な?有名犬、名犬のご紹介をしまっすめろんくんキラキラ

今現在一番有名なわんちゃんは某CMでお馴染みの「お父さん」こと「カイくん」でしょうねkao02




今日紹介するのは救助犬、セント・バーナードのバリーのお話。


まずセント・バーナードの歴史から・・・

セント・バーナードの名前の由来は、スイスとイタリアを結ぶグラン・サン・ベルナール峠にあった修道院サン・ベルナール(英語名 セント・バーナード)からきています。

この修道院は、 アルプスを越える旅人の救護所の役割を果していました。
セント・バーナードは最初、番犬でしたが17世紀以降、嗅覚を使って雪崩に襲われたり、遭難した人を救助するようになり、悪天候の雪道で遭難した旅人約2,500名を救助したとされますふるーつ☆Cultivation・キラキラ星

二頭一組で、雪に埋もれた人を見つけると一頭が首輪につけられた樽に入ったブランデーで元気づけ、もう一頭が修道院まで連絡に走るというコンビプレーの救助でしたえぇキラキラ(オレンジ)

(セント・バーナードの首に樽が付いてるイメージはここからだったんですね~kao01中身はブランデーだったんですね)



その中でも、最も有名だったのが40人もの遭難者を救助したバリーなんです♪

「バリー」の名前があまりにも有名になったので、のちのセント・バーナードのことを「バリー犬」とも呼ばれるようになったそうです。


 

しかし、残念なことに1814年、救助に向かったバリーは、オオカミと間違えられて、射殺されてしまったのですkao06


バリーは剥製にされ、今でもスイスのベルン自然史博物館にいます。現在のセント・バーナードとは短毛だったりでイメージがちょっと違いますけどねニコニコ。 横向き



ハタナカ

スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

最新記事

QRコード

QR

管理者ページ