FC2ブログ

Articles

ロシアンブルー

ロシアンブルーの起源については諸説ありますが、ロシアが原産の自然発生種であると言われています。以前の別名にアルハンゲルキャット(英語でアークエンジェルキャット)があり、これはロシアのアルハンゲル島を起源とする説、あるいはロシアの港アルハンゲリスクからイギリスや北欧につれてこられたという説に基づく呼び名です。

ロシアンブルー



他の別名としてフォーリンブルースパニッシュキャットマルティーズキャットがあり、20世紀初頭までアメリカではマルティーズキャットとして知られていました。1875年にイギリスのクリスタル・パレスで行われたキャットショーの際にはアークエンジェルキャットとして出場しています。

ロシアンブルー2


ロシアンブルーは18世紀中頃にイギリスや北欧に伝えられ人気を得ましたが、第二次世界大戦中に数が減り、絶滅の危機に陥りました。そこでイギリス、アメリカ等においてブリティッシュ・ブルーとシャムネコの交配により回復が図られ、かつてのロシアンブルーの姿を取り戻すことができました。このため現在のロシアンブルーの原産地はロシアではなくイギリスとされることもあります

ロシアンブルー1


短毛種であり、毛の色はブルー(猫の場合、グレーの被毛を指す)によるソリッド・カラー。また尻尾にゴースト・タビーが見られることもあります。 アイカラーはグリーン、目の形はラウンド型、体形はフォーリン・タイプです。 近年、ブラック、ホワイトなどのブルー以外の色、ネベロング(長毛のロシアンブルー)と呼ばれる猫種が登場してきていますが、ロシアンブルーという猫種としては認可されていません。


byクワバラケロ2

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

最新記事

QRコード

QR

管理者ページ


FC2Ad