FC2ブログ

Articles

ノルウェージャンフォレストキャット

              今回は『ノルウェージャンフォレストキャット』です。


ノルウェージャンフォレストキャットは原産地域の寒冷気候への自然適合として起こった非常に古い種類の猫です。


            ノルウェージャン10




ノルウェーでは、このネコはよく知られた存在で、スコッグ・キャッター“Skogkatter”もしくはスコウキャッター“Skaukatter”と呼ばれています。
また、特性からノースク・スコッグキャット“Norsk Skogkatt”(文字通り、ノルウェーの森林ネコ)と呼ぶこともあります。

ノルウェージャンフォレストキャットはメインクーンと長毛種のマン島の猫の先祖であるとか
人間がトルコから運んできたアンゴラ地元のショートヘアーの交配により誕生した等の説があるんです。

ノルウェージャンフォレストキャットの毛皮は、寒さから保護するために厚手でふわふわとした二層状になっていて、ふさのある耳と長いふさふさした尾を持っています。

体重は、成猫のオスは4.5~7.0kgほどで、メスがそのおよそ半分くらいの3.5~5.5kgで比較的大きめで後脚は、前足より長い。



                      ノルウェージャンフォレスト




ノルウェージャンフォレストキャットは人間との交流を楽しむ、非常に知的で遊び好きな猫です。
彼らの愛称の「ウェジー」“Wegie”は、ノルウェー語の言葉を短縮された言葉で、アメリカで呼ばれたことが発祥なんですよ。

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

最新記事

QRコード

QR

管理者ページ


FC2Ad