Articles

コリー

昔、日本で「名犬ラッシー」と言う、アメリカ製のドラマが放映され、主人公であるコリーの知名度が急速にあがると共に飼う家庭が急増しました
しかしコリーはサイズと言い、必要な運動量と言い、グルーミングの手間と言い、当時の日本の住環境では多くの問題を起こします


kori04[1]



世界最古の職業は羊飼いであったと言う説が本当かどうか解りませんが、羊飼いに携わっていたコリー犬種の歴史は相当に古いんです
スコットランドやイギリス北部では牧羊犬の歴史は有史以前にさかのぼります
スコットランド北部に、コリー(石炭の黒色)と呼ばれた顔と肢先の黒い羊がおり、その羊の番をしていた犬がコリー・ドッグと呼ばれるようになったと言う説と、もともとこの犬種が羊の番をしていた頃は、被毛色がブラック又はブラック・タンであったと言われていて、犬種名のコリーは被毛色に由来するとの説があります


kori06[1]


牧羊犬としてのコリーの仕事は、朝は羊の群れを畜舎から連れ出し牧草地に誘導し、昼間は羊が分散しないように監視しながら狼などの外敵から守り、夕刻には羊を集め、誘導して畜舎に戻しました
コリーは険しい地形や厳しい気候条件にも耐え得る強靭な体力を有し、万能の牧羊犬で1頭のコリーが50頭程の羊をコントロールしたと言われています

1860年以前にはコリー・ドッグは単なる牧羊犬にすぎませでしたが、ビクトリア女王がスコットランドを訪問した際に持ち帰り、熱心に後援した事もあって、その優雅な姿やノーブルな顔貌が人々に好まれ、家庭犬として世界中に普及する事になります

kori01[1]



アメリカにはイギリスからの移民が牧羊犬としてのコリーをすでに持ち込んでいましたが、牧畜用途以外で注目される事はありませんでした
ところが、ビクトリア女王由来の犬舎から2頭のコリーが輸入されて以来、コリーが富裕層のステイタスとなり、イギリスからの輸入犬が破格の高価で取り引きされ、高級住宅地にはコリーの犬舎が並ぶ事態となります
同様の現象が戦後の日本でも起こりました

kori07[1]



牧羊犬としての歴史の長いコリーですが、その血統が管理されるようになったのは19世紀になってからでした
これ以降、コリーは牧羊犬としての性能ではなく、家庭犬、鑑賞犬として評価されるようになり、計画繁殖の結果、体も大型となり容姿も洗練されたのです
被毛色も増え、現在の一般的な被毛色であるセーブルも登場します
コリーの卓越した牧羊犬としての資質は、温和で明朗、人に対して献身的な家庭犬として受け継がれています

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

最新記事

QRコード

QR

管理者ページ


FC2Ad