Articles

ベドリントン・テリア

ベドリントン・テリアの起源ははっきりしませんが、スコットランド・ボーダー州郊外ロスベリーの森に住みついていたジプシーが飼っていたロスベリー・テリアと呼ばれる犬が始祖犬であると言われています
ロスベリー・テリアは小型ながら、いかなる害獣にも立ち向かい、強い狩猟本能をもつ事で知られていました
老齢となり、1本の歯もなく、目も見えない状態でも猟犬として役立ったと伝わっています


55100210111[1]



オッター・ハウンド、ダンディ・ディンモント・テリアなどを交配して改良されたと考えられています
初期のベドリントン・テリアは肢が短く、ずんぐり太っていたのですが、後にウサギ猟に使用されるようになりウィペットと交配され、次第に足が長くなりました
ベドリントン・テリアの後脚はウィペットに似てたくましく、気質も多くの部分をウィペットから受け継いでいると言われています
テリアらしくない外貌ですが典型的なテリアの気質を秘めている犬です


tumblr_kq91wt0p221qzpdjwo1_500[1]




ベドリントン・テリアの特徴は低いつけ根の長い垂耳と洋梨のような頭部の頂毛です
テリア犬種ですが、被毛の抜け替わりがないのでハサミによって子羊のようにトリミングされます
毛質は非常に特徴があって、冠毛が頭部に高く生え、厚く糸屑の様な綿毛が肌からよく立っているが剛毛ではありません
スマートで背線はアーチし、腹部が巻き上がり、優雅でしなやかな体形です

66_1[1]



スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

最新記事

QRコード

QR

管理者ページ


FC2Ad